大人ニキビに悩んだ話

小学生のころは、肌がぷるぷるしているのが自分でもわかった。

中学生のころも、肌が変わらずきれいだった。モイスポイントを3ヶ月間使った効果と口コミ評価!市販の実店舗では購入可能?

高校生ごろからだろうか。

ストレスがたまったときや、生理前にニキビができるようになった。

ニキビ用の軟膏を母が買ってきてくれて、塗ってみたが、全然治った実感がなかった。

しかし、大学生になると、あまりニキビは目立たなくなった。

一番きれいな時期だったように思う。

勉強も順調で、勉強以外の時間は遊んでいたからだろう。

精神的にも余裕があった。

しかし、大学を卒業してから、生理前にニキビができるようになった。

もちろんあまり嬉しくない。というか残念だった。

軟膏はきかないと分かっているので、化粧水と乳液の保湿と、洗顔を欠かさずに行っている。

その甲斐あってか、30代になって、ようやくニキビが気にならなくなってきた。

ストレスケアをしっかりしているのもあるだろう。

30代になり、ストレス解消を意識して行って、ようやく肌が元の状態に戻りつつある。

そばかすも薄くなってきた。

ここから学んだことは、ニキビには、毎日の化粧水、乳液の保湿、そして洗顔、ストレスケアが大事だということだ。

特にストレスケアが大事なように思う。

いくら保湿と洗顔をしても、ストレスがたまっていると全くダメだった。

ニキビを解消したいときは、ストレスケアを忘れずに。