40代からのスキンケア

肌がキレイな女性はそれだけで清潔感があって魅力的ですよね。
若いうちはスキンケアをガッツリやらなくても、一晩ぐっすり寝れば自己回復!それなりにキレイな肌を保っていられます。
私も30代まではスキンケアには拘らず、適当に化粧水をつけるだけで、美容液、乳液、クリームなんて無縁でした。自分がオイリー肌だと勘違いもしておりました。

ビューティークレンジングバームのクチコミ

そのツケは40代になってから突然やってきました。一つ、法令線にファンデーションがくい込む!二つ、毛穴が目立って汚い!三つ、肌の色が冴えない!
大きくはこの三つ。でもシミとかシワとかよくよく見るといわゆるエイジングケアの広告の典型みたいな肌に愕然としました。

そして私は世の女性からは大きく遅れて、コスメフリークデビューをしました。コスメ雑誌を読み漁り、デパコスのカウンターに通い、自分に何が必要なのか、何が一番なのかを徹底研究しました。幸いデパコスは色々な機器でお肌の状態を無料で測定してくれてサンプルまで頂けます。

私の場合は乾燥からくる皮脂分泌だということを知り、保湿が必要とのこと。若い時は全くやってなかったケアでした。
確かに保湿を心がけるようになってからは法令線、毛穴、肌色は格段に良くなりました。手間をかけると肌は応えてくれる事を実感しました。
このように40代過ぎても(40代半ば)意識が変われば肌も変わる。スキンケアも自己判断しないでプロのカウンセリングを受けて自分の肌を客観的に知る、情報収集を怠らない。これ大事だと思います。