相手に口が臭いと思われないためにするべきこと

正直、話し相手の口が臭いと話に集中できないし、自然と距離を取ってしまうと思います。

でも、もしかしたらこの記事を読んでいるあなた自身が相手に不快な思いをさせているかもしれません。

今回は口臭の加害者にならないためにはどうすれば良いのかを考えていきましょう。

イニオを飲んだ私の口コミ

ポイントは3つあります。

①話す距離感

②口臭ケア

③口臭の原因の除去

まず①の【話す距離感】についてです。

当たり前のことですが近い距離で話せば話すほど相手に口臭が届く可能性が高まります。

不自然に思われない程度に話し相手との距離を取ることで口臭が届く可能性を減らすことができます。

そして②の口臭ケアですが、

相手と話す前にミンティアを食べるだとかマウスウォッシュをすることを言います。

とはいえ相手と話すたびにミンティアを食べるわけにはいかないし、マウスウォッシュに至っては誰かの前ですることに抵抗があると思います。

そんなときにお勧めしたいのが【こまめに水分を摂る】ということです。

口臭は口の中が乾くとより強い臭いとなってしまいます。こまめに水分を摂ることによって常に口の中が潤った状態を保つことができ、口臭を予防することができます。

ただの水よりはお茶さらに言えばコーヒー等の香りが強めの飲み物を摂ることで口臭を誤魔化すという意味ではより効果的です。

そして最後の③についてです。

これは読んで字の如く口臭の原因そのものを除去することです。

歯周病や虫歯、舌苔が口臭の原因になることが多いです。

口臭の根本原因を取り除くことができれば、そもそも口が臭くならないということです。

とはいえ人それぞれ口臭の原因は違いますし、そう簡単に治せるものでもないというのが実情だと思います。

上で説明した①、②を実行するだけで口臭をだいぶ抑えることができます。

これから人と話すときはぜひ取り入れてみてください。